GoToトラベル 地域クーポン 紙・電子ともにご利用いただけます!

紫式部の邸宅があった場所:廬山寺

「源氏物語」作者として有名な紫式部、その紫式部ゆかりの場所が京都には様々な場所にあります。
なかでも京都御所近くにある廬山寺はかつて、紫式部の邸宅があった場所とされています。
紫式部は当時、この邸宅で「源氏物語」を執筆したともいわれています。

山門には「紫式部邸宅址」という石碑があります。

廬山寺には、「源氏庭」という平安時代の庭園の「感」を表現した白砂と苔のお庭があります。
源氏物語の作中に登場する朝顔の花は現代の桔梗のことであり、紫式部に因んで紫の桔梗が6月末から9月初め頃までお庭を彩ります。

苔の部分は、日本の屏風絵などに見られる金雲を表現しているそうです。

また、廬山寺では5種類から御朱印を選んで授与していただけます。
詳細は、廬山寺のホームページに掲載されているので気になる方はチェックしてみてください。

ご本尊と紫式部邸宅址の御朱印

源氏物語を読んで紫式部に興味を持っている方はぜひ、廬山寺で紫式部の世界を体感してみてはいかがでしょうか~

SPOT INFO
名称天台圓淨宗 廬山寺
時間時 間:午前9時~午後4時まで
お休み休 日:源氏庭の拝観休み:1月1日・2月1日~2月9日・12月31日
料金料 金:大人500円 小中学生400円
公式サイトhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/index.html
駐輪場有り

※ 2020年1月26日現在の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。