【本店(京都駅八条口)】9:00〜12:00(6:30〜8:30は要予約) 【京都タワー店・四条烏丸店】臨時休業

冬の風物詩!二条城の蘇鉄(ソテツ)

二条城二の丸庭園の一角に南国感を感じさせる植物「蘇鉄(ソテツ)」が植えてあります。
私は普段は、二条城の庭園を拝観しているときに、蘇鉄に注目せずそのままスルーしていましたが、この蘇鉄なんと約150年以上も樹齢が経過しているといわれている歴史ある植木だったのです!

二条城の蘇鉄(2016年7月撮影)

二条城の蘇鉄の歴史は、江戸時代に鍋島藩(現在の佐賀県)の鍋島氏が、後水尾天皇行幸に先駆け、蘇鉄を1本献上している記録があり、二の丸庭園の蘇鉄は、鍋島氏が献上したものとして紹介されていました。しかし後に江戸中期頃の二の丸庭園の絵図が公表され、当時の二の丸庭園には15本もの蘇鉄が植えられていたことが分かりました。
現存する蘇鉄は当時のものかどうかは不明ですが、15本の中の1本が現存する蘇鉄だといわれています。

そんな蘇鉄も南方系の植物であるため、寒さに弱いという問題があります。
寒さに弱い蘇鉄を守るため二条城の職員さんが毎年11月下旬~12月初旬頃に、蘇鉄の幹全体に、こもやワラなど巻く防寒対策を行っています。

蘇鉄の防寒対策が仕上がるまで

この手法は宮内省所管時から引き継がれており、少なくとも65年以上も続けられている庭園管理作業の一つとなっています。
防寒対策でこもが巻かれた状態の蘇鉄は二の丸庭園の冬の風物詩となっており、冬支度をされた蘇鉄はこの時期にしか見られない景色となっています。

冬支度をしてもらった蘇鉄

二条城に行ったときは是非、冬季限定のこもに巻かれた「蘇鉄」を探してみて下さい~

SPOT INFO
名称世界遺産・元離宮二条城
時間・開城時間
午前8時45分~午後4時(閉城 午後5時)、7~8月は午前8時~午後5時(閉城 午後6時)
・二の丸御殿観覧受付時間
午前8時45分~午後4時10分、7~8月は午前8時45分~午後5時10分、
9月は午前8時~午後4時(閉城 午後5時)
※その他、詳細は公式サイトでご確認ください。
お休み・休城日
 12月29日~12月31日
・二の丸御殿休殿日
 毎年1月・7月・8月・12月の毎週火曜日、12月26日~28日、1月1日~3日
 ※詳細は公式サイトでご確認ください。
料金入城料/二の丸御殿観覧料 一般 1,030円
※各種料金の詳細は、公式サイトでご確認ください。
公式サイトhttp://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/
駐輪場駐輪場なし(お近くの1日駐輪券利用可能観光有料駐輪所がご利用いただけます)

※ 2020年1月12日現在の情報です。