1月と2月の営業について

京都の7月を120%楽しむために行くべきスポット!:八坂神社

7月・・・もう夏本番ですね!
7月の京都の一大イベントと言えば、そう“祇園祭”です!
今年は49年ぶりに山鉾巡行が前祭・後祭の2回に分けて行われ、大船鉾が復興・・・
間違いなく例年に勝る盛り上がりになります!

今回は、その“祇園祭”に沸く7月の京都を120%楽しむためにここだけは外せないスポットの一つ『八坂神社』を紹介します!

そもそも“祇園祭”って何のお祭り・・・?

京都の夏の風物詩である“祇園祭”は
『八坂神社』の祭事の一つ。

祇園祭のハイライトは何と言っても山鉾巡行!
山鉾(やまほこ)と呼ばれる山車が町内の人々によって建てられ、
豪華絢爛、煌びやかな装飾が施された山鉾や花傘が大通りを巡行します。
「動く美術館」と称されるほど、それぞれの鉾によって異なる貴重な装飾が施され、
見ているだけでため息が出るほど美しいんです!

さて、祇園祭と聞くと
祭のハイライトである山鉾巡行が大きく取り上げられますが、
実は、7月1日の「吉符入り」の神事に始まり、
31日の疫神社で行われる「夏越祭」まで
一か月に渡って行われる数々の神事をまとめて「祇園祭」と呼んでいるんです 。

一か月続くお祭り・・・
これほどまで大がかりなお祭りが始まったのはなぜなのか・・・気になりませんか?

ここから少し歴史のお話。
今から1145年前の869年、全国で疫病が蔓延していました。
牛頭天王の祟りが原因だと思った当時の人々は、
その魂を鎮めることで疫病が収まると考えました。
そして祇園社(現在の八坂神社)にて勅を奉じ、
当時の国の数と同じ66本の鉾を立てて、
神泉苑で疫病退散の神事を行いました

これが祇園祭の始まりです。

始めは疫病が流行った年のみ行われていた祇園祭ですが、
970年から毎年の行事となり、
途中、保元・平治の乱や応仁・文明の乱で中断する年もありましたが、
今日まで続く京都の夏の風物詩となりました。

ぜひ今年の祇園祭は
「八坂神社」にお参りして厄除け祈願をしてから
山鉾巡行を見に行ってみてください!

重要文化財!「祇園造」の本殿は必見!

みなさん、神社に行くと必ず本殿でお参りをすると思いますが、
本殿の外観をじっくり見たことってありますか?

私はというと、とにかくお賽銭を投げて鈴を鳴らし、
二礼二拍手一礼で挨拶を済ませて、お願い事をし、
本殿の外観じっくりみることもなくお参りを終えています。

いつもなら本殿でお参りをして、
そそくさとおみくじを引きに行く私ですが、
ふと振り返ってみた本殿の美しさに立ち止まってしまいました。

多くの神社は拝殿と本殿は別々に建てられており、
参拝者は拝殿からお参りをします。

例えば、下鴨神社の拝殿はこちら。
※本殿は拝殿の奥に建っていますが、参拝する場所からは見られません。

一方、八坂神社の本殿は全国的にこの八坂さんでしか見られない「祇園造」という造り。
本殿と拝殿が一つの大きな屋根で覆われています。

八坂さんにお参りする際は、
是非ともじっくり本殿の造りを眺めてみて下さい。
屋根の曲線や細かい装飾などなど・・・
重要文化財の本殿、本当にかっこいいです!

祇園祭が行われる7月に京都に来られる方は、八坂さんの本殿鑑賞を忘れずに・・・!

SPOT INFO

八坂神社
拝観時間:境内自由
拝観料:無料
HP:http://www.yasaka-jinja.or.jp/

駐輪スペース:近隣にコインパーキング有