【全国旅行支援】京都応援クーポンをご利用いただけます!

【仁丹】交差点のはずなのに、通りの名前が異なる

2枚の仁丹が掲げられた交差点を発見しました。

この2枚の仁丹が興味深いのは、交差点なのに登場する通りの名前が異なるという点です。

下京区三ノ宮通六軒下ル 岩滝町と、下京区六軒通木屋町東入 岩滝町。

通常、一方に「A通」と「B通」と表記される場合、90度曲がったところには「B通」と「A通」と書かれます。

けれど、この写真の交差点では「三ノ宮通」と「六軒通」から90度曲がったところに、「六軒通」と「木屋町通」の表記があるのです。なぜなのでしょう?

残念ながら私は答えを知りませんが、考えられるのは、次のようなことでしょうか。

  • 木屋町通がメジャーな通りなので、距離が離れていても名の通った木屋町通を採用した。
  • 仁丹が何らかの理由で動かされた。
  • 誰かが何らかの理由で書き換えた。

仁丹が会話ができたらおもしろいのに、と少々妄想してしまいますね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。