【2019年10月〜】ご利用料金と営業時間の変更のお知らせ

今年もKYOTOGRAPHIE 2019でアート巡り!!

今年もやります!京都国際写真祭!!

京都国際写真祭とは!?
国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する写真祭。
(KYOTO GRAPHIE 2019 ウェブサイトより)

短いことばでまとめるとこんな感じのイベントです。そして早、今年で7回目!!

気候が最高にいいこのシーズン!!
開催期間中は京都は海外からのアーティストさんや県外からのアート巡りを楽しみに来られているオシャレさんであふれます。

日本のみならず世界で注目されているイベントなんです。

毎年設定されるテーマ!今年は?

毎年統一テーマを設定されていますが、去年は「UP」、おととしは「LOVE」、今年は…
VIBE です。

単純に単語を調べると、「雰囲気」とでました。
前に形容詞を置くと様々な意味になるので、この単語を与えられたアーティストたちが様々な会場で、あらゆる手段で表現していく様を想像するととてもワクワクします!

魅力的な会場

写真のみならず展示会場にも注目です。
非公開文化財の中での展示や、創業280年を迎える帯屋さん、そしてそして今や使われていない工場跡、、、。
普段は入れない全貌を見ることができない場所に足を踏み入れることができるのもこの写真祭の醍醐味!なのです。

今はなき新風館での展示2017年

むき出しのコンクリートに足元注意の床(新風館)

普段は訪れない中央市場裏の展示

今年も去年に引き続き展示会場になっているところもあるので去年いけなかったところに今年は行ってみようとたくらんでいます。

2019年の会場マップ

京都国際写真祭をエリアで分けてみた!!

今年の京都国際写真祭は会場がとてもコンパクトにまとまっています。
1-dayパスで周られる場合も問題なく周れそう!!
しかし!!「1dayパスポート」ではなく「パスポート」で何回かに分けてまわられる方!!エリアで分けてみました。

西 誉田屋源兵衛 竹院の間 

誉田屋源兵衛 黒蔵

堀川御池ギャラリー

二条城二の丸御殿
京都文化博物館

しまだいギャラリー

京都新聞ビル印刷工場跡

祇園 両足院(建仁寺) 

ASPHODEL

S fera

y gion

メイン会場だけだとこのように分けられそうです。

1日で回られるのであれば交通手段は自転車がおススメです!!
待ち時間もなくサクサク回れて楽しめること間違いなし!!

Event INFO

レンタサイクル京都ecoトリップでも去年に引き続きパスポートを販売予定です!
また詳細が分かり次第ご案内させていただきます!!

開催期間 : 2019年4月13日 ~ 2019年5月12日
開催場所 : 京都市各地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。