まだまだやります池特集!

7月の京都は祇園祭をはじめイベント目白押しのアツい月になります!
そんな今月もオススメの池を今回もどんどんご紹介していきます!
ぜひサイクリングに行ってみて下さい!

①印月池(渉成園)

今月1回目は京都駅からも徒歩圏内、下京区の渉成園から印月池(いんげっち)をご紹介いたします!
こりゃまたなぜこんな駅前にぽつんと庭園があるんだろうと疑問に感じる方も多いかと思いますが、
こちらの庭園は東本願寺の飛び地になります。

渉成園の始まりは1641年徳川家光から宣如上人(東本願寺第13代)にこの地が寄進され、その後宣如上人がご隠居するために屋敷を造営した時、
左京区の詩仙堂(丈山寺)の作庭でも有名だった石山丈山が作庭しました。
当時、周囲に枳殻(からたち)が植えられていたことから別名「枳殻邸(きこくてい)」とも呼ばれます。

では、そんな印月池やお庭の注目ポイントご紹介します!

傍花閣

ここでは池の近くに建つこちらの建造物をご紹介。
やぐらなのか何なのかよくわからないこちらの建造物は傍花閣(ぼうかかく)と呼ばれます。
実際のところは景色を眺めるための望楼かつ門の役割をしていたそうです。
左右に階段が架かる感じなどは南禅寺の山門のようですね!
南禅寺の山門のように迫力のあるわけではなく落ち着いた雰囲気を出しているのが趣深くまさにフォトジェニック!
普段は見られない天井には十二支を配した磁石版があるそうです!

京都タワーが借景に

2月の鏡容池でご紹介した自然の景色も取り入れて一つの庭の景色を生み出す「借景」のテクニックがこちらの池でも使われています。
ただこの印月池に関してはたまたま使われることになったんです。

そうです!京都タワーが借景に使われているんです!
池の水面に建物が反射され丈山の趣向と現代に生み出されたタワーの姿が見事に調和しています!
少し今回はぼやけていますが晴天で池の水面に藻などが無いときはキレイに映ります!

みなさんも市街地に癒やしの景色を見せてくれる印月池にぜひ訪れてみて下さい!!

SPOT INFO

MAP:

・JR,近鉄:京都からそれぞれ徒歩約10分
・地下鉄:五条から徒歩約5分
・バス:烏丸七条から徒歩約1分。
・自転車:京都タワー店(京都駅北側の店舗)から約1,2分。

入り口は西側(東本願寺側)です。
協力寄付金として大人1名500円(高校生以下250円)以上をお納め下さい。
500円以上お納めになるとガイドブックがプレゼントされます。

参考:・東本願寺HP:http://www.higashihonganji.or.jp/

②鯉沢の池(大原野神社)

今月二回目は市内西の端の小塩山のふもと、大原野神社境内にあります鯉沢の池(こいさわのいけ)です!
静寂に包まれたこちらの池そして神社には藤原氏との深い縁や湧き水など
ぜひ知っていただきたい所がいろいろとありますので
ご紹介したいと思います!

神社の成り立ち

元来は桓武天皇が長岡京へ遷都する際に藤原氏の氏神である奈良の春日大社の分霊をこの地に祀ったのが始まりとされています。
850年には藤原冬嗣の孫にあたる文徳天皇がこちらの神社の社殿を造営しました!

別名「京春日」ということもあり写真奥に映る鹿のようにところどころ、
春日大社や奈良のような雰囲気を感じられます!

湧き水による池

さて、鯉沢の池ですが、鏡容池(龍安寺)や大沢池(大覚寺)のように人工ではなく古くからの湧き水でできています。
確実な史料はないもの池の湧き水が神社創建に繋がったと言われています!
またこちらの池は藤原氏の氏寺である興福寺(奈良市)の「猿沢の池」を手本に造られたとも言われています。

参考:・http://www.kyoto-ga.jp/greenery/kyononiwa/2014/07/post_9.html
   ・https://4travel.jp/travelogue/10520247

それにしてもただ今のシーズン、
この池は睡蓮と蛙の池になりますね!
蛙のサイズもデカいです!
(写真中央付近)

蒼龍池(平安神宮)の蛙の飛び込んだ音が「ピチャ」ならば
鯉沢の池の蛙は「ボトン」っと重量を感じる音でした汗

そんな池と周りの景色について紫式部は

ここにかく 日野の杉むら埋む雪 小塩の松に 今日やまがへる
『紫式部集』

と詠みました。
父の藤原為時について越前(福井県)に行った時、
日野山の雪景色を観て大好きな大原野の雪景色がはっと浮かんできたのかもしれませんね!

参考:http://sirdaizine.com/travel/Oharano.html

幻の桜

池の北側(社殿側)にはなんと毎年3日ほどしか花を観られない「幻の桜」が植えられています!
その名は「千眼桜」です。
ソメイヨシノよりは若干遅れて開花、樹齢は70年です。
では満開の姿をどうぞ!

引用:https://ameblo.jp/aa065266/entry-12454304089.html

混雑を避けたい方、珍しい桜を観たい方、来年の春は大原野神社で決まり!?

Spot Info

maps:

☆阪急+バス

・阪急桂から市バス臨西2番に乗車終点「南春日町」下車(乗車時間20分)、

・阪急東向日から阪急バス「南春日町行き」に乗車終点「南春日町」下車(乗車時間約20分)

(バス停「南春日町」から徒歩7,8分)

☆自転車

・各店舗からそれぞれ約75分~90分
・単純に遠いことと、近づくにつれて傾斜が急な所が出てくるため電動アシスト自転車をオススメいたします!

次回もお楽しみに!

③鏡湖池(鹿苑寺)

今月の第三回目は皆さんご存知の鹿苑寺(金閣寺)からです!
禅寺の境内で異彩を放つ金閣に目が行きがちですが今回注目するのは金閣の手前に広がる「鏡湖池(きょうこち)」です!
実はこちらの池にも足利義満の権力や欲望を垣間見えるポイントがあります。
また最近新たにこの池の周辺で解明されたこともありますので合わせてご紹介したいと思います!

葦原島と大名石

金閣は義満の権威を示す建築物と小中学校の授業で習ってきたと思いますが、
義満の性格、権力を表すヒントは実は何気なく佇む島と石にもあります!
まず金閣を正面にして丁度手前にある大きめの島です。
こちらは「葦原(あしはら)島」です。

「豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)」と昔の日本の尊い呼び方が名前の由来です。
形は日本列島を意識したと言われていますが、当時の歴史上北海道や沖縄は入っていません。

そしてもう一つ池の西側(金閣を正面にした時の左側)をみると島を囲うように石が点在していますが、
これらの石は作庭時当時の守護大名家によって奉納されました!
義満は石を奉納してもらうことで守護大名たちにいわゆる「ヨイショ」されていました。

そして義満はそんな守護大名たちに見立てた石と日本列島を金閣の三層目から見下ろして自己陶酔していたと言われています!
いわゆるナルシスト!?だったかもしれません。
また金閣から見た鏡湖池を扇にしたとき金閣=扇の要=政治、権力の中心と見立てられるように作ったともされています。
義満にとって鏡湖池も自己表現に欠かせない部分になっています!

参考:https://xn—-kx8a55x5zdu8lso8dvuf.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/category/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA%E3%81%AE%E5%A2%83%E5%86%85%E3%81%AE%E3%80%8C%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%BB%E8%A6%8B%E6%89%80%EF%BC%88%E8%A6%8B%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D%EF%BC%89/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA%EF%BC%88%E9%B9%BF%E8%8B%91%E5%AF%BA%EF%BC%89%E3%80%8C%E9%8F%A1%E6%B9%96%E6%B1%A0%E3%80%8D

もう一つの池

現在、拝観券を受け取り進むとすぐに工事作業中のフェンスが見えてまいりますが、
なんとその奥に鏡湖池の他にもう一つの池が造営される予定だったのではということが最近の研究で明らかになってきました!
金閣が建立(1397年)されてから早く義満が亡くなってしまった(1408年)ためこの造成計画が頓挫してしまったということですが、
ますます池やお寺にミステリーが深まって人々の注目がさらに集まるのもまた良いのかもしれませんね!

記事も載せておきます。

https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20181011000196

Spot Info

maps:

鉄道+市バス:・京都駅もしくは阪急西院駅から205系統「金閣道」から徒歩1分。
    
自転車:本店(京都駅八条西口)、京都タワー店からそれぞれ約50分。四条烏丸店からは約40分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。