【2019年10月〜】ご利用料金と営業時間の変更のお知らせ

深緑のシーズン到来!少し足を伸ばして行ってみたい池特集!①宝ヶ池

皆さんこんにちは!
長い長い10連休も終わってこれから深緑のシーズンが進んでいきますね!
今月はそんなシーズンに少し時間をかけてサイクリングで行ってみたい池をご紹介いたします!

宝ヶ池

まず今回は左京区の宝ヶ池(たからがいけ)!

「京都議定書」が採択された国立京都国際会館のすぐそばに静かにたたずむのが宝ヶ池です。
元々は江戸時代の1751~1764の宝暦年間に灌漑用のため池として造られました。
名前の由来も宝暦の「宝」からという説が主にあります!
京都駅八条西口の本店からサイクリングで約50分~1時間。
今回はそんな宝ヶ池の見どころや特色いくつかご紹介いたします!

比叡山を間近に!

宝ヶ池までサイクリングした甲斐があったなと感じるのは池の背後に迫る比叡山と池の見事な景色を見たときでしょう!
またメジロやシジュウカラ等の野鳥の鳴き声に心も癒されます!
是非自然を感じて下さい!

ジョギングコース

池の周囲は約1.5キロ。畔は道幅が程よく広かったです。
地元の方はもちろん、海外からの観光客らしき方もジョギングを楽しんでいました!
美味しい空気を吸いながらのジョギングはいかがでしょう!

引用:https://ameblo.jp/ohnishikenji/entry-12363735501.html

子どもの楽園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引用:http://hikotami.com/kodomono-rakuen

池の隣には約3.3ヘクタールの大広場。入場無料です。
お子様連れで宝ヶ池まで来た際はぜひこちらで子どもたちを遊ばせて頂きたいと思います!
写真のような巨大遊具もあれば、季節の鳥や動物を間近で感じられるエリアもあり、
「子どもが主役」のコンセプトを体現した敷地になっています!

Spot Info

map:

開門時間:・子どもの楽園は9:00~16:30、他は常時入場可

公共交通で行く場合:・地下鉄烏丸線「国際会館」徒歩すぐ。
          ・叡山電鉄「宝ヶ池」徒歩5分。
          ・市営バス「5・31・65」系統「宝ヶ池」バス停徒歩3分。

次回更新もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。